上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
JICAには「世界の笑顔のために」というプログラムがあります。
これは以下のようなプログラムです。

開発途上国で必要とされている、スポーツ、文化、教育、福祉などの関連物品のご提供者を、日本国内で募集し、JICAが派遣中のボランティアを通じ、世界各地へ届けるプログラムです。国際協力への参加を身近に感じてもらうこと、および途上国への貢献を目的に開始しました。
(“Smile for All in the World”あなたのやさしさを世界へ 「世界の笑顔のために」プログラム より抜粋)

http://www.jica.go.jp/partner/smile/index.html

私が今回愛センターに今回ご提供いただいた物品はピアニカです。
愛センターについては以前訪問した時の記事をご覧ください。
愛センターに行ってきました
ゴミ山への出張授業

大きな段ボールを持って愛センターに到着すると、以前と同じようにたくさんの子供たちが「こんにちは!」って話しかけてくれました。この日は授業がお休みの日という事もあって子供もボランティア(日本から多くのボランティアの方が来られます)の方々も少ないとのことです。
同じJICAボランティアの方もここで音楽を教えていて、新しいピアニカを使って早速授業をはじめます。
これまでは、子供たちは大勢いるのに使用できるピアニカはたったの3台しかなく非常に効率の悪いことになっていたらしいです。しかし、こうやって新しいピアニカはたくさん増えたおかげですべての子供にピアニカを使う機会ができました。

今後はピアニカのメンテナンス等、考えていかないといかなくてはなりません。
ピアニカを寄贈してくださった方、ありがとうございました。

ピアニカ

ピアニカ

ピアニカ

2012.09.05 Wed l 活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月29日から8月2日までの5日間(うちワークショップ開催は3日間)、プノンペンから車で約2時間の場所にあるコンポンチュナン州にワークショップに参加するためやって来ました。ワークショップ参加は先月のクラチェ州に続いて2回目。
今回のワークショップは色々な職種のボランティアがそれぞれの分野で講座を開講するというもの。僕らPC隊員は全3人が参加。他の職種では、服飾・手工芸2名、臨床検査技師1名、そしてこのワークショップを企画した日本語教師とシニアボランティア+通訳の計9名。会場は一部講座を除いてコンポンチュナン・ユースセンター。ここで3日間現地のスタッフ、生徒たちとワークショップを行います。

会場となりユースセンター
ユースセンター


初日のPC講座は、Officeソフトとデジタルアート。Officeソフトはどこに行っても必ず開催してほしいと依頼される内容で、配属先はもちろん、クラチェのワークショップでも依頼された内容です。今回はそれに加えてデジタルアートで絵を描く楽しさを知ってもらおうという企画です。

両講座とも大勢の人がやって来てくれて、用意された部屋はすし詰め状態に。暑い中みんなよく集中して学んでくれました。今回の特徴は、自分のPCを持って来る受講生が多いということ。その分基本操作は問題なくこなしてくれたので講座は進めやすかったです。

デジタルアート講座
デジタルアート


2日目のPC講座はインターネット。ユースセンターではインターネットが使用できないので会場をホテルの会議室に移しての実施です。当初は10人くらいを想定していたのですが、やって来た受講生は倍の20人ほど。用意していた机も足りず急遽机、椅子を入れてもらったり、ホテルのインターネットの接続数をオーバーしてしまったのか繋がらないPCが出てきたりと問題もたくさん発生しましたが無事に終了しました。今回の講座でやったメールアドレスの取得。ここで作ったメールを使って前日作成した絵を送って来てくれた受講生もいて、このワークショップをやって良かったと感じています。

みんな真剣です
インターネット1

インターネット2

残りはあと1日。受講生たちにPCの楽しさをもっともっと伝えられるように頑張ります。
2012.07.31 Tue l 活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月11日、配属先の学校で卒業式が行われました。
この学校で2回目の卒業式、そして自分にとっても最後の卒業式です。

この日の主役は僕がこの学校に配属になった2か月前に入学してきた生徒たち。
約1年半の間一緒に過ごしてきた生徒たちなので、感慨深いものがあります。

卒業式前の生徒たち。名札の紐が青いのが卒業生。
卒業式1

卒業式では省庁の方の祝辞があった後、卒業証書が生徒に手渡されます。
そして、その後はパーティーのために生徒たちは一旦寮に戻って着替えてきます。
みんなこの日はいつもと違うお洒落な服を身にまとってパーティーを楽しみます。このパーティーですが、実は生徒たちがお金を出し合って開催しているらしいのです。決して裕福でない人たちも多い中で、このようなパーティーを開催してくれた生徒たちに感謝です。

コンピューターの事を熱心に勉強してくれた生徒。赴任後すぐにやって来てくれたのを覚えています。
卒業式2


よく話をしてくれた女子生徒。
卒業式4


パーティーの途中で、僕とCIESFの先生(右から2人、3人目)が作った資料集をそれぞれ生徒たちに手渡しました。
この資料集が生徒たちにとって少しでも役に立てばと思います。

卒業式3

生徒たちは卒業式のあと、それぞれの家に帰っていきました。
コッコンから来た生徒は数名はこのまましばらく学校に残るらしいので、その間も色々と生徒のためにできればと思ってます。
2012.07.19 Thu l 活動 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日の授業中(とは言っても先生は全く姿を現さず、生徒たちは自由にPCを使ってました)に突然知らない2人がやって来ました。なんだなんだと思っているとカウンターパート(ちなみにこのカウンターパートはこの授業とは関係ありません)がやって来て、インターネットの工事をしてコンピューター室のコンピューター全部をインターネットに繋げると言ってきました。
カウンターパートとのやりとりはこんな感じです。

MORI「インターネットに繋げるって、ここにあるコンピューターは古すぎてセキュリティーソフトすらインストールできないよ。こんな状態でネットにつなげたらウイルスに感染しまくるよ。」

CP(カウンターパート)「今は繋げない。新しいコンピューターが20台来きたらつなげる。」

MORI「いつ来るの?」

CP「分かんない」

という事で、適当にLANケーブルを各コンピューターのところまで引っ張るというところまでやって今日の作業は終了したようです。
新しいコンピューターの事は去年から言っていて、半年経った現在もいつやって来るのか不明です。任期中に新しいコンピューターが来たらいいな。

業者の人がやって来た
インターネットの工事
2012.05.29 Tue l 活動 l コメント (0) トラックバック (1) l top
先週は1週間クラチェに講習会へ行っていたので、1週間ぶりに学校のコンピューター教室へ行きました。
ドアを開けてびっくり。


  • 扇風機がまわりっぱなし
  • パソコンのカバーがかけられていない
  • イスが散乱
  • ゴミが散乱
  • 窓が開けっ放し
  • パソコン壊れてる


あれだけ片付けて帰るように言ってきたのに、まったく成長していない生徒や先生にガッカリです。
特に電気を消してないって事は、少なくとも土曜日からずっとつけっ放しになってたということです。常日頃から電気代が高いから節電するって言っているのにこの有様です。

もう一度教育しなおす必要があると強く感じました。

やりたい放題になってたコンピューター教室
コンピューター教室 
2012.05.28 Mon l 活動 l コメント (2) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。