上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
カンボジアの通貨は何でしょう?

ほとんどの人が知らないと思いますが"リエル"です。
どれくらいの価値かと言うと

1 日本 円 = 49.0634 カンボジア リエル (2010/12/29 時点)

です。
と言う事は、日本円で10,000円だと490,634リエルと言う事でとても大きな単位のお金になってしまいます。
だからと言うわけではないんでしょうが、カンボジアではドルも普通に使われているわけです。

高額な商品はドルで、少額な商品はリエルを使うと言うのが一般的な使い方らしいです。
日本でリエルへの両替は困難なので、カンボジアへはドルを持って行く必要があるので両替に行ってきました。

しかし、ここで問題が発生!

両替できるドルは100ドル紙幣のみ!

カンボジアで100ドルと言えば大体1月分の給料に相当するらしいのです。
そんな高額な紙幣はカンボジアの一般的な店では取扱いできない。持って行くならば1ドルから10ドル紙幣にして持って行かないととても使えない。

と言う事で、今日は両替を諦めないといけなくなってしまいました。
明日は大みそか。きっとどこも閉まっているので両替できずに年越し。
1/4に両替できることを祈ってます。

できなかったら・・・

当日成田で両替?
スポンサーサイト
2010.12.31 Fri l 派遣準備 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

おっぱには
いきなりごめんなさい。
少しアドバイスできればと思います。

確かに100ドルはカンボジアでは使えることはできますが、いちいち本物か確認されることでしょう。
それほど、高価ということは間違いないです。

しかし、それほど気になさならなくても大丈夫です。
成田で間違いなくばらして両替できるはずですし、諭吉なら現地で両替も可能です。
もしかしたら現地のほうがレート良いなんてこともあり得ます。

おそらく、1ヶ月はプノに滞在すると思われるので、そのときに全然両替できるはずです。
正味なとこ円高なのでリエルよりもドルよりも実は円が一番持ってた方が良いのかもしれません。

しかし、現地では間違いなくドルとリエルしか使えないので、ある程度は両替していくことをおすすめします。

ちっちゃい買い物や買い食いはリエルで、10ドル以上になればドルというのがだいたいです。

あと、クレジットカードがプノやシェムでも使えるところは使え(田舎はリエルのみと思った方がいいです)、僕はしませんでしたが、おそらくお金おろすことも可能かと思われます。
これはおそらくなのであまりあてにしないでください。

だいぶレートが上がってますね、円高はまだまだいい感じですね。羨ましいです。

長くなりましたが、がんばって来てください。

23-1のモンゴル隊員予備軍より
2010.12.31 Fri l あつき. URL l 編集
外貨両替は大黒屋がオススメですよ☆

銀行だと100ドル札を含めたパック売りですが。

大黒屋とか1ドル札100枚とかで100ドル札を含まないように両替できましたよ~分厚い札束になってしまいましたが。

小額紙幣たくさんあるので、私が両替することも可能です。いざというときはどうぞ。
2011.01.01 Sat l カオ. URL l 編集
Re: おっぱには
>あつきさん

アドバイスありがとうございます。
とりあえず必要最小限のドルは用意しようと思うので大黒屋か郵便局で両替しようと思います。

現地で諭吉の両替ができるんですね!さらにレートが良いとは。
良い情報ありがとうございます。
諭吉も何枚か持って行こうと思います。

あつきさんは23-1モンゴル隊員なんですね。
22-3のモンゴル隊員に面白いバスケ隊員がいるんで興味あれば連絡とってみては?
それでは訓練はまだ少しだと思いますが、頑張ってください。
2011.01.01 Sat l mori. URL l 編集
Re: タイトルなし
>カオさん

真っ先に行ったのが大黒屋で100ドルしかないって言われたんですよね。
モンゴル隊員情報では郵便局なら全部1ドル札ってのもOKみたいなんで、行ってみようかと思ってます。
それでもダメだった時にはカオ銀行で両替お願いします。
2011.01.01 Sat l mori. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cambodia223.blog135.fc2.com/tb.php/98-6fbb402a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。