上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
教室運営のまとめとして、今まで学んだ事を生かして実際を講義を行う実習を行った。

まずは目標を設定する事からはじめる。
ここでのポイントは目標は具体的でなければならないと言う事。
「エクセルができるようになる」ではなく、「10分以内に何も見ずにエクセルでグラフを作成することができるようになる」という方が良い。というか「エクセルができるようになる」は目標としては全然ダメ。

目標が決まれば、次にそれを分析していき必要となる事柄を炙り出していく。
例えば、エクセルでグラフを作成するのが目標ならば、そのためには表を作成する必要がある。表を作成するためにはある関数が使えないといけない。などどんどんと目標から細分化していく。
それらが授業のカリキュラムになり、テストの項目になる。

カリキュラムとテストができたら、細分化した目標から個々のカリキュラムに必要な時間を割り当ててタイムスケジュールを作成。さらに教室運営において漏れがないかチェックリストを作ってチェックを行う。

ここまで準備を行い、実際の講義を実演した。
結果はかなり緊張してタイムスケジュールに書かれているのに読み飛ばしてしまったり散々だった。しかしフィードバックをもらい、改善して再度実演を行ったら不思議なことに緊張をあまりしなくなり質は上がったようだ。雑談のようなものも講義の中に入れることができるようになりリラックスした感じで話ができた。

今後教室運営を行う上で、質の高い講義を行うためには今回習った事やインストラクションの技術を生かしていかないといけないと感じた。
スポンサーサイト
2010.09.08 Wed l 技術補完研修 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cambodia223.blog135.fc2.com/tb.php/9-c0117d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。