上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
二本松訓練所のクメール語のクラスにはすごい先生がいる。
話せる言語は聞くところによると、
  • クメール語
  • 英語
  • タイ語
  • インドネシア語
  • ベトナム語
  • ラオ語
  • フランス語
  • ロシア語
他にも話せる言語もあるかも知れないがこれくらいは話せるらしい。

こんなすごい先生が、語学で一番大切なものは次のうちどれかと質問をしたらしい。
  1. 文法
  2. 発音
  3. 表現方法
  4. 単語











先生曰く、一番大切なものは「単語」だそうだ。
文法を知っていたって、発音が良かったって、表現方法を知っていたって、単語を知らなければ話せる訳がないというのが理由らしい。

当たり前と言えば当たり前だが、これまで単語を覚えると言う事をそれほど重要視してこなかった事にふと気づかされた瞬間だった。

こんなにすごい先生が言うのだから単語を覚えると言う事は語学の習得では極めて重要なのだろう。
訓練も終盤だが、しっかりと単語を覚えていこうと思った。
スポンサーサイト
2010.11.29 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cambodia223.blog135.fc2.com/tb.php/83-096ec912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。