上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アンコールワットハーフマラソンが行われた日の午後、僕は壊れてしまった自転車の修理をするために自転車屋回りをすることに。壊れてしまった前輪は走るためにガタガタして、6km先の自転車屋街まではとても遠い道のりでした。

まずは一軒目。話しかけようとしても外国人だからか門前払いのような感じ。さすがにその態度にカチンときたので「とりあえずちゃんと見ろ!」って言って壊れた前輪を見せたが、回答は「問題ない。走れる。」確かに走れることは走れるが、どう見ても正常ではないのは分かるはず。こういう扱いをする店は全く信用ならないし、気分が悪いので別の店を探すことに。

そしてしばらくは聞いても断られ続け、何軒目か分からないですがダメもとで聞いた店では、とりあえず見てくれることに。今まで聞いた店でも見てくれる店はあったが、結局は断られたので今回もそうなるのだと思っていたら、前輪を本体から外して色々と触りだしました。

作業開始から2時間ほど。あの曲がってしまった車輪を丁寧にまっすぐに直して、調整も念入りにして元通りに走れるようになりました。正直ここまでやってくれるとは思っていなかったので感激です。
カンボジアに来てから適当に扱われる事も多々あり、こっちの人たちの仕事に対する取り組み方に疑問を持つこともあったので、久しぶりに真面目に素晴らしい仕事をしてくれた彼にはとても好感を持てたし、感謝しています。

彼に直してもらった自転車は今でもしっかりと走れています。ありがとう!
スポンサーサイト
2011.12.18 Sun l カンボジアの生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

おはようございます。
確かに、最初の人の対応にはカチンときますね。
でも、きちんと修理してくれる人もいて、それまでのことを考えると、感動・感激もひとしおですね!!
2011.12.19 Mon l ダイビングミヤ. URL l 編集
Re: おはようございます。
本当に修理をしてくれたこの人には感謝の気持ちでいっぱいです。
何軒も修理を断られた時には、なんでプノンペンからわざわざ自転車を運んできてこんな目に遭わないといけないのかとか、修理できないならシェムリアップで自転車を手放そうとか色々と考えました。
でも最後にこんなにきちんと修理してくれたので本当に嬉しかったです。

どこの国でもきちんと仕事をしてくれる人はいるんだと思いました。日本でもカンボジアでも同じですね。
2011.12.20 Tue l mori. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cambodia223.blog135.fc2.com/tb.php/167-a77bfdd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。