上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今自分が活動している教員養成校には、プノンペン出身者と海沿いのタイと国境を接する町コッコン出身者が在籍してます。以前からプノンペン出身クラスとコッコン出身クラスとの学力格差というものは、他の人から聞いていたんですが、やはり経済格差も存在するのだと今日感じました。

前もって断っておきますが、全員がこれから話す内容に一致するわけではありません。全体として見たときにこのような傾向があるっていうことでご理解ください。

プノンペン出身者は比較的裕福で、昼食を食堂で食べたり個人の新しいパソコンを持っていたりします。コッコン出身者は昼食は自炊、パソコンを持っていても相当古いものだったりです。

今日、衝撃を受けたのはある生徒が食堂に新しいパソコンを持ってきていて、財布の中身を見せてくれました。なんと中身は100ドル紙幣が3枚も入っているではありませんか!
先生の初任給が60ドルのこの国で、まだ働いていない生徒が300ドルもの現金を持っていたんです。正直これほどまでとは思いもよらなかったんで驚愕しました。

ちょうど同じ日に、ある生徒がものすごく古いパソコンを持ってきてクメール語が打てなくなったので直してほしいと言いました。この生徒は以前にも何回もパソコンを持って来たことがあるのですが、毎回思うのは本当にマシンの性能が悪く、起動するだけで数分かかり、作業するにもまた数分かかるといった状態で、よくこのマシンをずっと使ってるなってことです。でもこのパソコンを大事に使ってるなっていうのはすごく感じるので、僕としても何とかこのマシンを少しでも快適に使えるようにしてあげたいと思うんです。メモリを追加するだけでもだいぶ改善されるんですが、一人の生徒だけにメモリという物を買ってあげるっていうのは他の生徒に対しても不公平になります。今は彼の問題を少しでも解決するくらいが自分のできることかなと感じてます。

約1ヶ月の長期休暇の後の学校ですが、毎日生徒達の笑顔に癒されています。プノンペン出身だろうがコッコン出身だろうが、みんな素晴らしい生徒達です。あとはもっと勉強をしっかりやってくれれば最高なんですが。
スポンサーサイト
2011.10.13 Thu l 活動 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

難しいですね
こんにちは!
ご無沙汰しておりますm(_ _)m

最後の一文は、別として、考えさせられる話ですね…。

日本は、世界でも、特に国内格差の、少ない国だから、現実を目の当たりにすれば、余計に、驚きますよね!

ハングリー精神が有れば、また、違う世界になるんでしょうが、穏やかなお国柄(^_^;)

対応も、なかなか、難しいですね。

でも、頑張ってくださいm(_ _)m
2011.10.14 Fri l はた坊. URL l 編集
Re: 難しいですね
こんばんは。こちらそこご無沙汰しております。
カンボジアに来て本当に感じる事は、貧しい人はますます貧しくなり、豊かな人はますます豊かになるという格差社会。そして格差社会を生み出す社会の構造です。

やっぱりこの社会構造を変えていく事がこの国の発展には必要なのではないかと感じています。
けっこう周りの人は穏やかな(のんびりと仕事する)感じの人が多いですが、僕がよく行くパソコンショップの店員の一人はめまぐるしく働いています。ひっきりなしになる電話に一人で対応して、電話複数台、パソコンを自在に操る彼女はとてもカンボジアって感じがしません。
彼女には頭が下がる思いでいっぱいです。
2011.10.16 Sun l mori. URL l 編集
格差
ケニアでは学校間格差もあるかな。
大学行っている人達は新しいパソコンを比較的持っていたりしますが、
専門学校では持てる子も少なく、
持っていてもかなりの年代物。
でも学校に行けている子はいい方で、
経済問題を筆頭に色々な問題で学校にすら行けない子が多い。
まあ日本でもありますが、
その比じゃないぐらいすごい格差に、
なんだかやるせなくなる時もあります。
2011.11.03 Thu l もっちー. URL l 編集
Re: 格差
今日カンボジア人と話してたんですが、この国には日本とは比較にならないような格差が存在するらしいです。
お金持ちはどんどん貧しい人からお金を吸い上げてますます豊かになっていき、貧しい人はどんどん貧しくなっていく。
僕の配属地プノンペンはそれが顕著に表れているらしく、郊外に作られたゴミ山では学校に通うことができない人が、ゴミの中から売れるもの、食べるものを探して暮らしているといいます。近年あるNGOが、ゴミ山の子どもを対象に学校を開いたらしいのですが、とても全員を教育することはできません。結局はこのカンボジア政府が本気になって、教育問題、貧困問題に取り組まなければ解決することはできないでしょう。しかしまだまだこの国には、それを実行するだけの力は残念ながらありません。
2011.11.03 Thu l mori. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cambodia223.blog135.fc2.com/tb.php/157-e9fa6c9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。