上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
カンボジアでは2種類の通貨が流通しています。
一つはカンボジアの通貨・リエル。もう一つはアメリカドル。
レートの変動は若干ありますが、カンボジア国内でお金を使うぶんには1ドル=4000リエルでほぼ固定です。

ここカンボジアではこの2種類の通貨を使い分けながら生活しなければなりません。
ちなみにカンボジアで流通している紙幣は以下のような感じです。

【リエル】
100:何も買えない?ちなみに300~500で自転車の空気入れ代
500:屋台の饅頭1個
1000:ペットボトルの水
2000:店で飲むコーヒー、アンコールビール1缶
5000:普通のご飯1食分
10000:ちょっと良いご飯。ハンバーガーセット
20000:ちょっと贅沢な夕食

【ドル】
1:普通に市場でも使えます。
2:ほとんど流通せず。使用を拒否されることもしばしば。
5:普通の店で使えます。
10:市場や小規模店では嫌がられるか使えないこともしばしば。
20:大き目なスーパーやデパートなら使えます。コンビニでは使用困難。
50:大き目なスーパーやデパートなら使えます。一般的な店ではほぼ使えません。
100:大き目なスーパーやデパートなら使えます。一般的な店ではほぼ使えません。

一般的な市場では1ドル、5ドルの少額紙幣とリエルを主に使います。これ以上の高額紙幣になると大き目なスーパー(LuckyやBayon)などでしか使えません。なぜ使えないかと言うと店にお釣りがないんですね。

日本から当初は日本で小額紙幣を大量に用意していたので問題なかったんですが、こっちでの生活が長くなるとだんだんと小額紙幣の数が減ってきます。銀行から引き出したら高額紙幣でしか出てこないと言った感じなので、市場や学校の食堂で使うお金がなくなってくるわけです。

そこで自分がやっていることは、

  1. 大きなスーパーで高額紙幣を使った買い物をして、小額紙幣を手に入れる。
  2. 両替屋に行く。

大きなスーパー(特にLucky)に行くメリットは帰って来るお金が比較的きれいだと言う事。
こっちの紙幣はとてつもなく汚いものも多いので、ここできれいなお金をもらうと気分が少し良くなります。

次に両替屋に行くメリットは、結構たくさん両替屋があるということ。
大きなスーパーはプノンペンやシェムリアップにしかない事が多いのですが、両替屋はだいたいどこにでもあると思います。ここならば50ドル、100ドルと言った高額紙幣も両替できるので便利です。

両替屋は写真のようなレートが書かれた看板が置いてあるのですぐにわかります。ちなみに写真の両替屋は僕のおすすめです。おばちゃんの笑顔が素敵でしょ?

両替屋 

スポンサーサイト
2011.06.07 Tue l カンボジアの生活 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cambodia223.blog135.fc2.com/tb.php/132-0293b202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。