上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
カンボジアにやって来てから初めての任国内旅行に行ってきました。
場所はコッコン州。

最近プレアヴィヒアを巡ってタイと緊張した関係が続いていて、コッコンもタイとの国境がある州なのでJICAから許可がおりるか微妙な感じだったが農園がある場所は国境からも遠いと言う事で行くことができました。

プノンペンからはバスで約4時間。プノンペンの喧騒とは無縁の静かな農園に到着。
バスを降りるとまとわりつくような暑さ。プノンペンとは違う暑さです。
少し歩くだけで汗が噴き出してきました。

胡椒はツル性の植物で他の樹に巻き付いて成長するので、農園では胡椒を巻きつけるための支柱がたくさん立てられていました。

胡椒園1

胡椒はソメイヨシノと同じで、一つの樹から挿し木をして増やしているとのこと。
実はこんな感じです。
カンボジアではこの房ごと炒め物などに使われます。味はそんなに刺激的ではなく美味しいです。

胡椒園2

農園を更に歩くと、収穫した胡椒を乾燥する場所に到着。
ここでは収穫した胡椒を束ねる紐のようなものを作ってます。

胡椒園3

隣では胡椒を乾燥させていました。
ここで乾燥させていた胡椒は黒胡椒と完熟胡椒の2種類。
味見をさせてもらいましたが、とてもスパイシーで美味しいです。

胡椒園4

農場見学が終わった後にはバスで15分位の所にあるピクニックリゾートという場所でクメール料理の昼食をいただきました。

ピクニックリゾート


美味しい料理もいただき歩き疲れたので帰りのバスでは爆睡。

良いリフレッシュになったので明日からの活動も頑張ります!









スポンサーサイト
2011.02.13 Sun l 活動 l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

おはようございます。
胡椒がソメイヨシノと同じ挿し木で増やしているなんて驚きです。
そちらはかなり暑いみたいですね。
胡椒とてもおいしそうですね。
よだれが出てきそうです(笑)。
2011.02.14 Mon l ダイビング. URL l 編集
Re: おはようございます。
カンボジアは意外にも胡椒の産地なんだそうです。
でもカンボジア産の胡椒をあまり見かけないのは、タイやベトナムに輸出していてタイ産、ベトナム産として世界に出荷されていると社長がおっしゃってました。

日本では見かけない完熟胡椒というのもあって今度食べてみようと思います。
2011.02.14 Mon l mori. URL l 編集
No title
是非、完熟胡椒食べた感想聞かせてくださいね。
2011.02.15 Tue l ダイビング. URL l 編集
No title
社長さんは日本の人なのですね
コッコンをグーグルマップで調べます
昨日は大雪でしたがそちらは暑そうですね
2011.02.15 Tue l エポ. URL l 編集
Re: No title
社長さんは社名の通り倉田さんです。
ちなみにサイトはこれです。

http://www.ksline-cambodia.com/
2011.02.15 Tue l mori. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://cambodia223.blog135.fc2.com/tb.php/114-98be100c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。