上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は珍しい体験をしてきました。
それは、中国の宗教儀式に参加すること。

事の発端は学校に中国人が訪ねんて来た事です。ちょうどお昼前だったんでご飯を食べようと外に出たときにばったりと出くわし、軽く挨拶。なんかよく判らん言葉だったんで、判らんって顔をしたら日本語で話しかけてきました。
彼女の話によると近所の韓国語の学校で中国語を教えているらしくて、お昼ご飯を食べに来ませんかって事です。まあ校長先生に話をしに来るくらいなんで変な人じゃないだろうと思い、ついていく事に。

自転車でほんの2、3分の住宅街の中、学校ではない普通の家に着きました。
なんかよく判らんまま、
「今日は特別なお参りだから」
みたいなことを言われて、お線香を仏像にあげたりお経のようなものを唱えたり言われるがままにやりました。

僕以外にもベトナムのハノイから来た中国人?やカンボジア人の若い女の子など数名同じ事をしてました。
きっと布教活動なんでしょうね。

女の人はいろいろと日本語で説明してくれるんですが全く意味不明。日常会話程度の内容なら理解できるんですが、宗教的な話は全く理解できなかったです。でも何となく分かったのは結局のところ最終的には「精神的に充実して人生を幸せに生きる」ってことらしいです。それに関しては全然すばらしい事だと思います。ただ、自分は宗教についてはそんなに強い思い入れはないので「こういう神や仏を信じる事で、精神的に楽になってもっと色々なものが見えてくるようになればいいな」くらいにしか考えられません。

という事で、お参りみたいなこともしたので仏様が守ってくれると信じて、もっと活発に積極的にいろんなことをやっていきたいと思います。

最後に、今まで中国人と話をしたことが全くなかったんですが、今回の人たちはいい感じの人たちでした。カンボジアで一般的にはあまり評判の良くない中国人ですが、全員がそうではないんだと感じました。国籍だけで判断するのはダメですね。今までそういう所が全く無かったわけではないので反省。
スポンサーサイト
2011.10.20 Thu l カンボジアの生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。